年収が気になるのなら

IT系エンジニアの仕事は千差万別です。
それは業種として成果主義が主体であることも要因の一つですが、最大の要因はやはりIT分野の拡大と多様化によって、様々な職種や働き方が出現したことにあります。

しかしこれは、働き手にとってはこれは大きなチャンスと言えるでしょう。
よくよく吟味して職を探せば、自分に適合する仕事を見つけることができるチャンスがあるからです。
また急速な業種の拡大により人材不足の状況にあるため、IT業界においては他業種よりも転職が歓迎される傾向にあります。

一方で、いくら業界的に転職に対して容認的とは言え、転職したことで年収が確保されるかどうかという点は、やはり気になる所でしょう。
よほど切望した転職でもない限りは、転職によって年収がダウンしてしまうことは避けなければなりません。
しかし、実際にエンジニアが転職するにあたって、新しい職場でどの程度の年収が得られるのかという点は、普通は詳しく知ることは難しいでしょう。

実際に転職にあたって年収を職場探しの要因の一つとするのであれば、転職エージェントの活用は欠かせません。
転職エージェントは業界に応じてどの程度の年収を得られるのかを詳細に把握しており、それに応じて仕事の紹介を行ってくれます。
また、転職者と転職する企業の間に立ってしっかりと調整も行ってくれるため、「転職してみたら、実際の年収と違っていた」という問題も起こりにくいという利点もあります。