コミュニケーションスキルに自信がないなら

エンジニアがITの開発や利用をしている現場で必要とされているのは、専門的な仕事に携われるスキルを持っているからに他なりません。
まだITエンジニアが希少だった頃は専門的な仕事に傾倒しているだけでも十分であり、スキルの有無が適性の有無に直結していたのは確かでしょう。

しかし時代は変遷してきているため、現場では専門的なスキルがあることはあくまで前提でしかありません。
ITを活用する上では一人のスキルでは不十分であり、他のエンジニアとのコミュニケーションを取りながら新しいものを生み出していくことが求められています。
コミュニケーションスキルの高さも、エンジニアに求められるものになっているのです。
互いを理解し合えるようにしようとする努力を自然に行えることが、IT業界で働くエンジニアの適性の一つになっています。
多くの現場では、面接段階でコミュニケーションスキルをよくチェックするようになっているのが現状でしょう。

しかし、コミュニケーションスキルには自信がないという人でも働くことができるのが実情であり、その場合は転職エージェントに相談してみると良いでしょう。
個人で働ける仕事もIT業界には多数あり、一人で仕事を遂行できるレベルの専門的なスキルを持っているなら需要はあります。
自宅勤務で他の人とあまり交流を取らずに働ける仕事もあるので、コミュニケーションに苦手意識があってそのスキルを要求されたくない人は、転職エージェントによく相談して転職先を決めると良いでしょう。